施工事例

ご高齢者向けのリフォーム

介護保険で手摺を付けました。

2013_11280037[1]
町田市相原町、一戸建ての住宅です。
介護保険を利用して手摺を取り付けました。
壁の強度が小さい所には。手摺の補強板を使い取付します。

階段手摺の取付

2013_10220018[1]
町田市金井町の木造一戸建ての住宅です。
階段の壁面に手摺の取付をしました。
壁は石膏ボードの下地ででしたので、ブラケットを留める
ブラケットベースを使っての工事になりました。
手摺棒は握り易くエンボス状に加工されています。

内装をリフォームして介護施設に

DSCF6137[1]

玄関、廊下の壁下部の板張りの剥れをクロス張りにして、境に手摺を取付けました。床の傷みも合板フロア12㎜を上張りして綺麗に仕上がりました。

アプローチ階段のリフォーム

DSCF6038[1]
玄関アプローチ外階段の段数を増やし、蹴上げの高さを下げ登り易くしました。
介護が必要になった、ご主人の為のリフォームです。
モルタル仕上げの床では、段鼻が欠け易いのでノンスリップの磁器タイルにしました。
介護保険を利用しての工事でした。

和室の京壁を塗り替えました

2013_0411画像0463[1]
和室の京壁の塗替えと畳の表替えをしました。
経年変化しての柱や長押の色が建物の年代を感じさせます。
田舎にいるお父さんを迎えられる部屋が完成しました。

和室の用途

2007_0202画像0263[1]
リビングから和室6帖を見た所です。
リビングの床と畳の段差を無くし、3枚戸は引込みになっていて、開けると広い空間が出来ます。
和室の先に見える、お婆さんの部屋と和室が続き部屋です。
何かの時に和室が介護の控え室になります。

廊下の手摺工事

2013_0401画像0463[1]
廊下に手摺が付いていました、なぜか連続していません。
掴み損ねて転倒の恐れが有ります。
寝室からトイレ等の道線をみて連続した手摺を提案しました。

浴室出入り用の手摺

2012_0721画像0455[1]
洗面化粧台の取替と一緒に浴室の出入りの時、掴める手摺を設けました。
特に浴室から出る時に掴み易い形状になっています。
お風呂は意外と体力の消耗が大きく、ちょっとした段差でもつまずき易くなるので気を付けましょう。

介護保険で手摺工事

2012_0721画像0458[1]
介護保険で廊下に手摺を取り付けました。
使い勝手はご利用者と手摺を、何度も壁に当てがって決めました。
手摺のブラケットは≒90cm間隔以内なので、下地が無かった壁にはブラケットの受け材を取り付けました。 
色は既存のドアに合わせて違和感なく仕上がりました。

要らなくなった子供部屋

ご夫婦だけになったお住まい、2階の子度部屋だった床を取り除いてみませんか、
2階は日差しはいっぱい入り明るく、暖かく2階までの吹き抜けはとても開放的です、風通しも良くなります。
掃除面積も減りますよ。
但し、暖房効率は悪くなるので暖房の仕方なども一緒に考える必要があります。
減築をお考えの方、2階を壊すより、減面で2階の床を取る事をお勧めしたいです。

介護保険で行った手摺工事

手摺の修理依頼でお伺いしたところ、ビス止め部分は曲がり、
止めてない箇所も、まるで素人が取り付けたようでした。
(工事する者の資格は市役所に届けるだけですので誰でも出来ます。)
介護保険での工事は個人負担が1割と少なく
只同然なんだからしょうが無いと諦めて、そのままになってしまったようです
取り付けは丈夫が一番ですが、見た目も大事です。
手摺ひとつでも色々な形状があります、握り易さも考えたいです。
ページトップへ