施工事例

水まわり工事

便器の修理とウォシュレット取替

2013_10240026[1]
相模原市中央区中央、軽量鉄骨2階建て住宅の
便器からの漏水です。
水道の検針で漏水が解り調査した所、便器のタンク内からの
止水が出来てませんでした。タンク内、ボールタップ等の部品を取り替え。
旧型のウォシュレットから壁リモコンタイプの
ウォシュレットに同時に取り替えました。
便器の袖部が広くなって、掃除し易くなったと喜ばれました。

洗面所に吊戸棚を設置

町田市金井町、木造一戸建ての住宅の洗面所の壁面、
空きスペースに吊戸棚を設置しました。
今まで棚板一枚だった収納が、吊戸棚内3枚の棚板で、
3倍になりました。
吊戸棚はw900×h750のサイズです。

陶器製の洗面台の取付

2013_10140003[1]
町田市下小山田町、介護施設のホールに洗面器の取付です。
取付する壁面裏側のトイレ内、洗面器から給水と排水を取ります。
腰壁面の強度が無いので手摺のブラケットベースに
絡めて、洗面受け木を取り付け、洗面器を取り付けました。

洗面化粧台の取替

DSCF6243[1]
相模原市宮下本町、木造一戸建て住宅の洗面所を
間口一杯までの洗面化粧台に取り替えました。
カウンター部分が広く、便利に使えます。
鏡の所に収納が無いのですが、
袖のトール収納でカバーしています。
製品はパナソニック/NEWCLAIN ホワイト色で
とても清潔感のする洗面所に仕上がりました。

システムキッチンに取り替え

DSCF6258[1]
相模原市宮下本町、木造の一戸建て住宅の台所のリフォームです。
I型のキッチンをL型2700×1650のシステムキッチンに、
収納重視でレイアウトされました。ダイニングキッチンの食卓から見える、キッチンの扉が家具調なのが、
とても高級感があります。
システムキッチンはLIXIL/リシェルです。
壁はクロスの張り替え、床は既存の床の上にフロアを上張りしました。

トイレのリフォーム

DSCF5320[1]
既存トイレの床がブカブカになってしまいました。
クッションフロアの下地合板が湿気で傷んでます。

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム
1階のトイレをリフォームしました。
床は天然の大理石張りです。大判で目地が少なく汚れが付きにくいです。
手洗い上の鏡部分は予備のペーパー入れになっています、壁厚を利用しているので出っ張りが無くスッキリしてます。

流し台の取替

須藤邸001[1]
L=2550のシステムキッチンを設置しました。
引き出しタイプの流し台は、物の出し入れする時の腰、膝の負担が軽減出来ます。
ご年配の方には助かりますね。
流し台の高さは身長(cm)÷2+5(cm)が目安です、
25年位前のボックス型の流し台の高さは80cmでした、この計算ですと、身長は1m50cmの方が対象になります。
女性の身長も伸び、男性も使うようになって、最近では一般的な85cmより90cmの高さを選ばれる方も多くなって来ました。

浴室のリフォーム

DSCF5068[1]
浴室のリフォームです。
以前は0.75坪の浴室でしたが、
改築して1坪タイプのシステムバスを設置しました。
ショールームを数社見学してクリナップ製のユニットバスに決まりました。
入り口は一本引の引き戸です。
このユニットバスは洗面器を置けるカウンターの有無も選べます。

洗面台からの漏水

DSCF6195[1]
町田市南大谷のアパートで、床がブカブカして来たとのご指摘で、
調べた所、洗面台の給水部分からの漏水でした。
漏水してクッションフロアの下で、床の下地板が腐食してボロボロになっています。
床下地板とクッションフロアの張り替え、洗面台の見積りをしました。

キッチンのリフォーム

2007_0202画像0278[1]
対面型にして巾2m55㎝のシステムキッチンを設置しました。
背面には巾1m35㎝の食器棚と1m35㎝のカウンターです。
カウンター上にレンジ、トースター、ポットが置け、下はゴミ置き場になります。
カウンターの横は冷蔵庫の置き場です。
システムキッチンと食器棚の間隔は約1メートル位が丁度良いですね。
狭いと、後ろを通る時に接触して、二人での作業がしずらくなります、
中途に広いと、ちょっとのとこで手が届かず不便を感じ、又、途中に何かを置いたりしてしまいます。

キッチン中心の住まい

2004_0920画像0023[1]
キッチンを中心に廻れる住まいの提案です。
対面式のキッチンセットの前、居間、食堂から和室を通り、後の納戸から台所へと戻れます。
一方、玄関から居間に入り、洗面所を廻って台所にも行けます。
廻れると言う事は、二つ以上の入り口が有り、行き止まりの不便がなく、家が広がって来ます。
風通しも良くなり、活動的になります。
台所を中心にして廻れる住まいは、奥様中心の家庭円満の住まいになります。

便器の排水漏れ

昨日は25年位使われている、便器の水漏れの修理をして来ました。
今回は、配水管と便器の接続部分に使われているガスケット、フランジが切れてたのが原因です。
トイレの床面が濡れている場合、以前は便器やタンクの結露が原因でしたが、防露式便器になりかなり改善しました。
最近はウォシュレットからの漏水も多くなって来ました。
今回、漏れ出た水に、色が付いていたので、汚水からの漏れだと直ぐに解りました。
長く使われて来た便器、その他のパッキンも劣化してたので取替えました。
まだ10年位使えるとお伝えしたら、大変、喜ばれました。

無垢材の造り付け洗面化粧台

無垢の洗面台[1]
タモ無垢材の造り付け洗面化粧台です。
無垢材の洗面化粧台は、家具調で洗面所に置くのは勿体ないと言う事で、
寝室に設置し、鏡台としも使われます。
無垢材は時が経つに飴色に変り、重みが出て来るのも楽しみですね。

洗面脱衣所に便器を設置

DSCF6047[1]
脱衣所、洗面所の洗面器を外して便器を設置する所です。

便器の取替工事

2012_0907画像0453[1]
節水タイプの一体型便器に取り替えました。
便器とタンクに継ぎ目がなく清潔で掃除も簡単です。便器の両脇もすっきりして、
裏側の床にも手が届き、奥様に掃除がし易くなったと喜ばれました。
L字型の手摺とその受け材はドアの色に合わせてます。

和便器(汽車便)を洋便器に取替

2013_0411画像0449[1]
床がタイル張りの汽車便器です。
20年も使用してると、タイルの目地の汚れが大分目立つ様になってきました。
足にも負担が掛かる和便器から、洋便器に取り替えのご要望です。
洋便器に取替して、トイレのリフォームが完成した所です。
腰壁には水跳ねしても汚れない、いつまでも綺麗なサニタリーパネルを張りました。
床フロアは、水、アンモニアに強いオークラ/ユカハード仕上げです。
3日間の工事で、トイレが一つしかなかったので、仮設トイレを設置しての工事となり、住まわれてる方にはご不便をお掛けしました。
便器は水量が今までの役1/3の節水タイプのTOTO/一体式便器GG-800です。

トイレに洗面化粧台を設置

DSCF6116[1]
2階、隣室の洋間を削って、トイレの巾を拡げました。
2階に洗面台が無かったので、拡げたトイレ内に設置しました。
壁はクロスを張替え、床は水、アンモニアに強いオークラ/ユカハード
便器は既存のままです。

床を張替えて便器も取替えました

DSCF5160[1]
洗面、脱衣所に便器が設置しています。
限られたスペースではトイレの巾は800㎜が一般的ですが、
ご高齢になり介護が必要になった時、間口が800㎜では二人入るのは大変です。
ここのお住まいのトイレの広さは、介護し易い有いと思いました。 
この度、浴室入り口廻りの傷みから、床の張替と便器の取替えをしました。
床下地の大引きが白蟻被害が出てたので、
床組みから取替えしてから床張りをしました。

ウォシュレットの取替え

DSCF5148[1]
便器からの水漏れという事で急遽、見に行ってきました。
10年位、使われてきたウォシュレットからの水漏れです。
だいぶ使われて来たので、
修理ではなく取り替える事をご提案し、リモコンタイプで
ご予算に見合ったパナソニックのSシリーズを取付けました。

トイレのリフォーム中に白蟻が

DSCF5637[1]
トイレをリフォーム中に隣の浴室の土台から白蟻が出てきました。
浴室タイル壁の、基礎の立ち上がりも有るのですが、土台に被害が出ていました。
浴室側タイル壁の下地の防水紙からの漏水と、断熱材の入れ方が原因で、結露による土台の腐食から白蟻が誘引されたようです。
家全体の白蟻調査が必要になりました。

トイレを増築して間口を広げました

DSCF6048[1]
既存の便器は再利用でトイレを増築して間口を広げました。
木造の一般的なトイレの巾は芯々910mmで内法は780mmでは
介護が必要の時、トイレに二人入るのは難しいので、内法巾を1200㎜して介護し易いようにしました。
手摺も邪魔になりません。

水廻りの増築

DSCF5794[1]
洗面所、トイレの水廻りの増築です。
屋根は既存の瓦をそのまま活かして、増築部分はガルバニューム鋼板の平葺です。
外壁は既存部分に合わせて、無垢板ラワン材ドイツ下見で、仕上げにウレタンで塗装します。

対面式キッチンは家族の団らんを生みます

2005_0312画像0014[1]
居間からキッチンを見た所です。
床と腰壁は無塗装のパイン材です。
床はオスモカラーのウッドワックスで、床張りする前にご家族で塗って貰いました。
コンロの後ろ側は奥様用のカウンターになってます。
流し台の巾は2550で標準サイズです。
対面式流し台の後側は食器棚と炊飯器、ポット、電子レンジが置けるカウンターになってます。
作業しながら、会話や小さなお子様の管理出来る、対面式のキッチンでのプランニングをお勧めします。

浴室入り口サッシ枠の腐れ

DSCF5749[1]
浴室の入り口サッシの枠が腐って取替え中です。
タイル仕上げの浴室で、サッシ廻りや本体ジョイント部からの漏水で腐ってしまったようです。
腐った部分を取り替えて、土台や床下の点検も兼ねられるように洗面所に床下収納庫を設けました。

ユニットバスに改築

DSCF2740[1]
ユニットバスに改築しました。
1坪タイプのユニットバスです。
黒い正面の壁がアクセントになっています。
浴槽は人造大理石で比較的安価なFRP製もあります。
換気扇は暖房、洗濯物の乾燥出来る換気扇にしました。

節水型便器に取替え

2004_0920画像0014[1]
2階の便器が不良で節水便器に取り替えました。
TOTOの一般的な便器ですが4.8Lの節水型です。
ご予算上、ウォシュレットも乾燥無しのタイプで、他メーカーの物ですが、
使用上の支障はありません。但し、パステルアイボリー色で決めて頂きました。

扉タイプのシステムキッチンです

2005_0927画像0003[1]
扉タイプのシステムキッチンです。
昔からある扉タイプのシステムキッチンは 昨今では珍しくなってしまいました。
腰を屈まないで物の出し入れができ、分別もし易い引き出しタイプのシステムキッチンが、今は一般的になりました。
ご高齢のお住まいでは、ご使用になる鍋、皿も限られてくるので、一旦後ろに下がって引き出すキッチンより、ちょっと横向きで開けれる、扉タイプのキッチンの方が便利なのかもしれませんね。

対面式キッチンのリフォーム

2005_0312画像0012[1]
標準的な対面式のシステムキッチンです。
キッチンの前のカウンターの高さを15㎝上げ、キッチンの上が反対側のダイニングから見えないようにしました。
天端はステンレスです、衛生的で物を落としても割れ難くので、人大は選びませんでした。
奥様が選ばれた、キッチンの扉の色が、床の無垢のパイン材フロアーとマッチして素敵ですね。

トイレのリフォーム

2004_0920画像0009[1]
トイレのリフォームです。
内法の巾は 1m10cmあるので、手洗いを付けても狭くは無いです。
巾80㎝位のトイレだと奥行きが1m50㎝はほしくなります。
内装では 床は構造用合板12mmを2重張りして天然大理石張りです。
壁は合板12.5mm下地でクロス貼りです。
合板の下地は後に手摺や吊り戸棚が付け易くするためです。

台所の改築

2013_0411画像0440[1]
店舗だった所をリフォームして台所にしました。
内装はクロスの臭いを気にされて、壁、床、天井とも自然素材です。
床、天井は杉の無垢材です、塗装されて無いので汚れを心配してましたが、ある日、若奥様が探された、蜜蝋ワックスを掛けてられました。
当社でも使っているワックスだったので感心しました。
壁はプラスターを下塗りして生石灰クリーム/タナクリームの鏝仕上げです。
構造的には既存の柱は傷付けずに、壁には耐震補強の筋交いを入れました。

浴室タイルのヒビや割れ 

浴室の壁がタイルの浴槽周りのヒビが心配とのご相談です、
タイル張りの浴槽の下は、排水の為の層になっているので、
ヒビに水が入っても心配は無いです。但し壁のタイルが、
大きく割れていると、下地まで割れている可能性があります。
早い手立てが必要になります。

洗面所を改築して洗面化粧台を取替え

DSCF5070[1]
幅750の標準的な洗面化粧台です。
3面鏡の裏は収納になっているので、小物が沢山入ります。
洗面所の壁はプラスター塗り下地に石灰のタナクリーム。
天井は杉板張りです。

流し台のリフォーム

DSCF5057[1]
6帖の短手の幅いっぱいのシステムキッチンです。
以前は出窓の幅までしかないキッチンだったので不便だったそうです。
L=2550幅になり、奥さんも大変喜ばれてました。良かったです。
クリナップのシステムキッチンは奥様のご要望で吊戸棚を電動昇降機になりました。
後クロス工事と電気工事で完工します。

ユニットバスの引戸

DSCF5037[1]
ユニットバス引戸の敷居部分の写真です。
ユニットバスと洗面所の床は段差が無く出入りが楽ですが、
写真の隅にも写っているように敷居の溝にほこりがたまり易く、
溝の排水が出来ずに、サッシの隅から洗面所に流れ出て来ます。
住まいの一番傷み易い浴室の入り口付近の水漏れは気を付けて下さい。
こまめに掃除をお願いします。

ユニットバスにリフォーム

DSCF5035[1]
1坪タイプのユニットバスです。
20年以上の住まいでは0.75帖の浴室が多かったのですが、
家の大きさに関係なく、現在は1坪の大きさが一般的になりました。
体格も良くなり、風呂でのくつろぎを考慮しての大きさですね。
介護が必要なご家族がおいでのお住まいでも1坪あるといいです。
最近は家族と入れる1.25坪サイズのユニットバスも多くなりました。

洗面化粧台のサイズ

DSCF5036[1]
巾750の洗面化粧台の取替えです。
木造の平均的な洗面所の洗面台の置かれてる建物の巾は、芯々1820で内法は-130して1690㎜位です。
洗面化粧台の横には洗濯機が置かれ、大型の洗濯機は750位なので洗面化粧台の巾は900mm巾が限度になり、一番多く出るサイズは750mm巾です。

トイレの改築

DSCF5039[1]
トイレの腰部分に無垢板のパイン材を竪張りにしました。
床は天然大理石を張っています。
床と腰板のバランスを心配していましたが、天然素材、同士は何にでも調和すると思いました。

工場のトイレを改装

2012_0328画像0391[1]
工場の小便器の取替えです。
腰壁には衛生的なキッチンパネルで仕上げました。
工場は大勢の方が使用し、汚れた手でも使うので衛生器機は触れなくても良いセンサー付です。

対面型キッチンの裏面を収納に

2004_0920画像0003[1]
対面型のキッチン裏面にリビングからの収納を作り付けました。
システムキッチン本体がこのようなタイプも有りますが、高額になってしまいます。
写真の造りなら建具の金額程度で出来ます。

ユニットバスに取替

須藤邸002[1]
バリアフリーになるユニットバスは、今までのタイルの冷たさも軽減し、目地の少ないツルツルの壁は、お掃除も簡単なので、ユニットバスは高齢化するお住まいの方にお勧めします。

トイレのリフォーム

2012_0907画像0485[1]
便器の背中にタンクの無いウォシュレット付一体便器です。
手洗い器の横はペーパーホルダー付きのカウンターで、ショールームに設置されてるタイプです。
コンパクトにまとまっていて使い易いです。

トイレの改築

2013_0415画像0001[1]
トイレ内装と洋便器のリフォーム工事をしました。
床はオークラ/ユカハード、壁、天井はクロス張りです。
入り口近くに手洗器を設けました、内幅800の間口でも、この手洗器なら狭さは感じませんでした。

介護し易いトイレ

DSCF4958[1]
入り口は車椅子が入れる引き戸にしてバリアフリーの床は、水、アンモニアに強く車椅子対応のオークラ製ユカハードです。
トイレの内幅は1200で、手洗いがあっても2人が入れるスペースは、お年寄りの介護がし易くなってます。

洗面化粧台の取替え

DSCF4963[1]
洗面所を広げ洗面化粧台の横に化粧用品が置け、座って化粧出来るカウンターを造りました。
洗面化粧台の鏡は3面鏡で裏側が収納になっています。幅は900です。
広い洗面所は今はカウンターにしてる所に、便器を設置して介護し易いトイレにも出来ます。

システムキッチンの取替え

DSCF4969[1]
システムキッチンだった流し台を作り替えました。
カウンターが一体式になったシステムキッチンが普及して4分の1世紀が経ち、システムキッチンの造り替えが増えて来ました。今回のキッチンは当社で一番多いい傾向で、直列2550ミリ長さ、引出タイプ、吊戸棚は付けず、瓦斯仕様のコンロで浄水器付きです。食洗機のご要望は分かれます。

造付けの洗面化粧台

洗面化粧台[1]
2階の寝室に洗面化粧台を造りました。
家具のような木製の洗面台は他の家具ともマッチします。
既製品の洗面化粧台と違いカウンターもスペースに合わせて作れます。

キッチンパネルが剥がれた?

DSCF4829[1]
キッチンパネルの表面シートが剥がれてきました。
7年位前にシステムキッチンを入れ、バックガードの壁にはD社のプレミアートというキッチンパネルを張りました。
曲げに強いので持ち運び易く、切り易いこのパネルは多用途に使ってきたのですが・・・・今後も心配です。
ここ数年で4件発生しましたが、メーカーの対応は早い対処だったので良かったです。
当然無償で張り替えて貰いました。

浴室リフォーム工事中

浴室のリフォーム[1]
浴室のリフォームで、タイルと下地モルタルを剥がした所です。
腰部分はブロックを積んで防水に気を使ったようですが、その上の土台がシロアリで無くなっています。
外壁に張る程度の防水紙が張ってましたが、タッカーの穴からの漏水や、隙間だらけに入っている断熱材での結露で、シロアリ被害が出たとおもいます。

床が天然コルクの浴室

浴室用のコルクタイル[1]
浴室の床を天然コルクで仕上げました。
こげ茶色に見える部分が天然コルクです。
高い防水性を誇るコルクの特性を活かした、浴室向けのコルクタイルです。
歩き易く、温かく、優しいコルクタイルは、高齢者のお住まいに最適です。
既設のタイルの上からも張れるので、浴室のリフォーム向きです。

浴室入り口の腐れ

DSCF2725[1]
浴室の入り口折れ戸の角部分が腐ってしまいました。
住まいで一番早く傷む部分です。

洗面所をトイレに?

広めのトイレ[1]
高齢者とお住まいのご家庭で、今のトイレが狭く介護しにくいとのご要望です。
トイレより広い洗面所に便器を設置しました。
トイレだった所には洗濯機を置いてます。
住む人の利便性で考えれば色んな発想が生まれますね。

2階の廊下に造付け洗面台を設置

DSCF3430[1]
2階の廊下に造付け洗面台を設置しました。
カウンターはタモの集成材に陶器のボウルを埋め込みました。
階段の吹き抜け部分を利用しているので、洗面台の下には物入れは造れませんが、ボウル下が点検出来るようにしてあります。

洗面化粧台の取替工事

2013_0325画像0437[1]
洗面化粧台を取り替えました。洗面台の取替えをする理由で、1番は蛇口からの水漏れ、2番は洗面ボウルのヒビや割れ、3番は排水管からの水漏れです。
1番の場合は蛇口の取替で済みそうですが、意外と蛇口の価格が高く、お手頃な洗面化粧台とそんなに変わらず、新品に取替え出来ます。

対面式システムキッチン

2004_0920画像0023[1]
システムキッチンを対面式にしてお住まいの中央の位置に台所を設けました。
写真を撮っている所は納戸になっています、キッチン直ぐ横なので便利です。
納戸の反対側は脱衣所です、やはりキッチンの直ぐ横なので、お料理しながら洗濯の様子が確認できます。

浴室の手摺工事

2012_0721画像0454[1]
介護保険を使ってユニットバスに手摺を付けました。
位置や高さは身長、障害度合いによって違ってきます。
その時に応じて、後付けでの対応をお勧めします。

2階にユニットバスを設置

2005_0927画像0004[1]
2階寝室にユニットバスを設置しました。
二世帯住宅のY邸で、ご主人が遅く帰っても気兼ね無く
お風呂に入れるようにとの奥様の提案です。

ローコストタイプのユニットバス

2012_0702画像0486[1]
ローコストタイプのユニットバスですが、掃除し易い壁や床は衛生的です。
安全性からしてもバリアフリーの床は必要です。

対面式の台所

2005_0312画像0015[1]
台所から見渡せる対面式のキッチンは、家族やお客さんとの会話が弾みます。
腰壁は無垢材の竪板張り、3尺間に入れた梁を見せる事により、天井が高くなってます。
キッチンセットの背中側には、9尺間の収納スペースが見えます。

雨漏りの点検

昨日、突風と雨で天井に染みが出来たとの事で行って来ました。
以前に中古で購入されてから年に1回雨漏りが有るか無いか位ですが気になるのでこの機会修理したい
との要望です。拝見したところでは解らなかったので
天井の点検口の設置、又は張替えをしその時に外壁に水をかけ
雨漏り箇所の発見することをお奨めしました。
通常の雨では漏らない場合、20年位の建物にはサッシ下の水切りが有り
その周辺や、アルミベランダの取り付け部等 ビス穴程度からの雨漏りが殆どです。
よく当てずっぽうでコーキングを施すようですが、水はけが悪くなって
もっと悪くなる場合もあります。

トイレのリフォーム3

2005_0312画像0009[1]
トイレの内装をリフォームしました。
既存タイルの上に400×600の天然の大理石を張っています。
大判の大理石は目地が少なく、汚れ難くいです。
壁のクロスは張り替えで、天井は綺麗だったのでそのままにしました。
便器は節水タイプ(洗浄水量4.8ℓ)です、ウォシュレットは安価なタイプを選ばれました。
壁の鏡は収納になっていて壁厚分の収納には、予備のペーパーが入れられます。

2階のトイレ

2013_0325画像0451[1]
2階のトイレの間口を広げて出の少ない洗面台を設置しました。
少し広いトイレはプライベートルームのようで妙に落ち着きます。

トイレ、洗面所の壁材

汽車便を洋便器に取替の工事依頼です。
特に手洗いの水跳ねでのクロスの汚れが気になっているとのご指摘です、掃除し易い物をとのご要望でしたので、腰壁部分にキッチンパネルのようなサニタリ-パネルでお見積りしました。
汚れそうに無い、つるっとした材料に気に入って頂けたようです。
クロスと比べると何倍も割高になるので、火を使わないトイレ、洗面所ではキッチンパネルより安価なサニタリーパネルがお勧めです。

ガスコンロの取替依頼

7年位使用したガスコンロ、魚焼き内部が腐食して取替を考えているとの依頼です。
コンロのゴトク廻りは平で掃除し易くなっていますが、油はねが多い魚焼き内部は、手が届かず、錆から腐食を招きます。掃除や匂いで他の調理器具で焼かれている方もおいでのようです。コンロは色々な機能が備わった分、値段も高額になってます。魚焼き部分が取り替え出来るコンロがあると良いと思うのですが。

キッチンセットの選択

台所がカビ臭いとの事で調査して来ました、まず床下の環境ですが、床下収納庫から点検しました。
土間部分は土のままですが、さらさらで乾いてカビ臭さはありませんでした。
床面の裏側に断熱材が無かったのが気になります。
匂いが一番気になる流し台を外した所、流し裏面の壁が真っ黒くカビていました。
流し台はホーロー製でした。
流し台は丈夫でいつまでもきれいですが、本体全部が金属製で重たく、幅木の下部に隙間を生じさせ、そこからの冷気が金属面で結露し、壁面でカビが生えたと思われました、
キッチンセットを選ぶ場合、使い勝手や見た目だけでなく、建物本体に及ぼす影響も考慮して下さい。

キッチンパネルの剥がれ

7年位前にキッチンのバックガードとトイレの腰壁に張った、
キッチンパネルの表面材のシートが剥がれました。
当初、メーカーが解らず当社で修理してましたが、次々と剥がれて、D社の物と解りました。
その後D社の対応はよくて、メーカーの工事で対応してもらってます。
キッチンパネルの表面が浮いていたり剥がれている所が有るか確認して下さい。

トイレのリフォーム

便器の取替時について、便器は陶器で出来ている物が大半で、
汚れや傷が付きにくいと言われ、20年位平気で使われています。
但し水量が多く現在の水量の3倍近く必要です。
タンクにペットボトルを入れ、節水してる方もおいでですが、
その便器に必要な水量で設計しているので故障の原因にもなります。
匂いとくすんだ汚れ、長年使用していると、いくら掃除をしても取れないとよく言われます。
このような理由での取替依頼が一番多いです。
ページトップへ