施工事例

内装工事

掘りごたつを設置

2013_10290003[1]
相模原市田名1階は鉄骨造、2階が木造の2階居間に掘りごたつを設置しました。
床下部分に鉄骨の小梁が出てきましたが、こたつを加工し、 足置き台のようにして収めました。
*町田市、相模原市、又は近隣で掘りごたつの取付をお考えの方はさとし建築工房にご相談ください。

旧ポンプ室の床張り工事

2013_09150002[1]
町田市団地内の旧ポンプ室の床、平らに床を張り、
非常用の資材置場を工事中です。
20㎜パーチクルボードの上12㎜合板を張ります。
専用の鋼製束で木製の大引、根太は使用しない
フロアシステムは段差が少なく出来ます。
  *町田市、相模原市、又は近隣で床工事をお考えの方は
        さとし建築工房にご相談ください。

傷んだ床にフロアを上張り

町田市金森東、木造一戸建て住宅の1階洋室の床、傷みが酷くなってフロアの上張り工事中です。
町田市金森東、木造一戸建て住宅の1階洋室の床、
傷みが酷くなってフロアの上張り工事中です。

廊下のフロアに上張り

2013_10070006[1]
町田市金井町、木造一戸建て住宅、廊下のフロアに、
上張りします。玄関の框部はリフォーム框を使用します。

畳敷きの床をフロア張に

2013_10190104[1]
相模原市中央区田名、1階が鉄骨造で、2階が木造の住宅部分、
和室4.5帖の畳敷きの床、畳を撤去して根太を施行中です。

店舗の改装中

2013_10120003[1]
町田市中町の貸店舗の内装工事に着工しました。
洗面所の間仕切りと造り付けカウンターを設置します。
現在、洗面所の入り口廻りを工事中です。

京壁をクロス張りに

2013_10070004[1]
町田市金井町、木造一戸建て住宅、和室の京壁仕上げを
クロス張りにする工事中です。
京壁の表面はざらざらですので、張れ無くはないのですが、
剥がれ易いので、京壁を落として石膏プラスターで扱きました。
よく乾燥してからクロスを張って完成です。

ユニットバスのリニューアル

2013_09150022[1]
町田市図師町、軽量鉄骨の一戸建て、築20年位の住宅の
ユニットバスを取り替えないでリニューアルしました。
壁、天井にフイルムのシート張り、浴槽と床はFRP塗装で仕上げました。
新しく取り替えと比べて1/3程度の費用でしたので、大変喜ばれました。

堀座卓の設置工事

2013_09150014[1]
床面に堀座卓設置用の開口をした所です。
これから堀座卓が入る所まで、大引きを移動しします。

床張り工事

DSCF5308[1]
台所の床面が湿気によりブカブカになり修理の依頼です。
床下の環境と白蟻点検をしました。
浴室側の土台廻りに白蟻の被害が有り、駆除工事と湿気が多かったので防湿シートを敷き込みました。

床の修理、張替え

DSCF6215[1]
町田市常磐町、一戸建て住宅の和室の床下地板(荒床)の張り替え工事中です。
床下の土が黒く湿った状態です、外壁面の基礎の換気口が無いのも原因ですが、
地盤からの湿気が一番気になります。

洗面所の床張替え

DSCF5238[1]
先日点検をした洗面所の洗面器からの漏水で、
床がf腐食している所です。

畳敷きをフロア張りに

DSCF6199[1]
相模原市相原の一戸建て住宅の畳敷きの床を、合板フロアに張替えました。
畳の厚み60㎜なので、荒床の上に根太45㎜を30cm間隔に設置して、合板フロア12㎜を張りました。
工事費は1帖2万円位で、6帖程度なら1日で完工します。

和室のリフォーム

2005_0312画像0008[1]
和室に畳半畳分の掘りごたつを造りました。
夏場はコタツのやぐらの向きを変えると床下に収納出来ます。
京壁塗りの腰壁の部分に、ペットによる傷や汚れ防止に、集成材の桐板で仕上げました。

洋室を改築中

DSCF6156[1]
2階の洋室の収納を壊して、隣室への通路を造っています。
狭い4.5畳の二間を、行き来出来るようにしたいとの事で、
筋違いの入って無い壁を貫いた所です。

廊下の床フロアの張替え

DSCF5176[1]
白蟻の被害で廊下の床を下地から修理しています。
根太掛けも傷んで、入れ替えています。

和室の床のリフォーム

DSCF5169[1]
白蟻の被害で、和室の床を解体して大引を入れ替えた所です。
床下の土が湿気ていたので、防湿用のビニールシート敷きと白蟻消毒を施工しました。

床の張替え

DSCF6111[1]
台所の床面のリフォームです。
大引きや根太は傷んでなく、クッションフロアの下地合板だけが傷んだだけでしたので、既存の床面の上に合板フロア12ミリを上張りしました。
床下収納庫の部品も一部無かったので取り替えました。

和室を洋室にリフォーム

DSCF5108[1]
1階,和室のリフォームです。
現況は一般的な和室のプリントの目透かし天井です。
壁は現況の京壁にご主人が漆喰を塗った状態でした。
腰壁の竪板張りもご主人の力作です。

カーペットの床をフロアー張りに

2階洋室、床はカーペット敷きです。
2階洋室、床はカーペット敷きです。
床をフロアーに張替え工事中です。
条件にもよりますが、現況のカーペットの上からフロアーを張っています。
廃棄の無駄を省き、下階の防音効果も得られます。

玄関ホールの床張り工事

DSCF6089[1]
玄関ホールの床面がブカブカしてきたので確認した所、
フロアの合板の接着が剥れたのが原因でした。
根太はしっかりしていたので既存フロアに上張りしました。
玄関框は既存の上から被せる、リフォーム框です。

個性的な洋室の内装

DSCF4093[1]
洋室の内装工事です。床は檜板の無垢材フローリングです。
壁は桐の積層板、天井は一般には外のテラスの屋根などに使うポリカの波板です。
設計事務所、経営のご主人の、個性豊かな部屋になりました。

2階洋室の床を抜きました

DSCF2735[1]
要らなくなった子供室の床を抜いて吹き抜けにするご提案です。
開放的になった居間は、2階からの日差しで一日中明るくなりました。
中廊下で風通しも悪かったのが、1階の南面の窓から、2階の北面の窓に上下で抜けてくれます。
2階には上がらない生活になって、無駄な空間になりがちな部屋の再利用として、視覚的な広がりが、くつろぎの生活空間に生まれ変ります。
但し暖房効率が悪くなるので、断熱性能や家全体の暖房計画が必要です。

床の張り替え

DSCF6018[1]
1階カーペット張だった床を剥がして、フロアー12㎜張りの工事中です。
下地の合板にウレタンボンドを使って張ります。
既存の幅木に摺り合わせるので、床材の合板によっては苦労します。
6帖程度なら1日で出来ます。

床の修理

DSCF5077[1]
2階子供室の床が一部ブカブカになってきました。
現況の乱尺フロアーは合板で出来ているので、15年位で合板の接着面からの剥がれが生じます。
建物の構造には何ら影響がないので、既存の床の上に12㎜以上のフロアーを上張りにしました。
旧建物は敷居が上がっていたので、上張りには好都合です。
6帖程度なら1日で出来ます。
 *町田市、相模原市、又は近隣で床の修理を
  お考えの方はサトシ工務店にご相談下さい。

居間の改築

2004_0920画像0021[1]
居間に階段があります。
昨今、このように室内にから上がる階段が多くなって来ました。
限りあるスペースで有効に間取りを考えると、玄関ホールや廊下を室内に取り込み、居間を中心にワンルームタイプの間取りになる為です。
子供室への出入りも居間を必ず通るので、台所にいても何気なく子供の管理が出来ます。
但し、温かい空気が階段から2階に上ってしまうので居間の空調管理を考えなければなりません。

無垢板の内装

2005_0927画像0011[1]
4帖の納戸の壁、天井、を桐集成材9㎜で仕上げました。
納戸は布団等、湿気を好まない物も入れますので、調湿効果のある内装材が良いです。
桐はやわらかいので調湿効果があります、他には珪藻土ような塗り壁も調湿効果があります。
小物を置く棚板も内装材が木なので何処にでも付けれます。
桐はタンスにもあるように防虫効果もあります。

床の修理

2012_0721画像0457[1]
廊下の床がフカフカする様になり修理をしました。
合板のフロアーは10年以上経つと合板の接着が弱りフカフカしてきます。
昨今は下地に構造用合板も施すようになってかなり良くなりました。
根太が傷んでいなければ、現況のフロアーに上張りするのが、一番、費用が掛からないです。

出窓を改築

2004_0920画像0015[1]
子供室の腰からの窓の欄間部分と窓下部分を改築して収納棚を造りました。
壁はアクセントになるように無垢板の竪張りです。
部屋に出っ張らなく6帖の子供室が広く使えます。

玄関ホールのリフォーム

2004_0920画像0002[1]
玄関ホールのリフォームです。
下駄箱は1600幅のコノ字型で、たくさん収納出来ます。
壁のアクセントに一輪挿しt程度の花瓶が置ける飾り棚を設けました。
ちょっとお洒落っぽく見えませんか?

洋室のリフォーム

2005_0312画像0006
2階洋室のリフォームです。
壁、天井の内装は漆喰塗りで仕上げてます。
筋交いの入って無い壁に、壁厚を利用して飾り棚を付けておきました。

クローゼットのリフォーム

2005_0312画像0006
クローゼットの内装材は桐の集成材です。
クローゼット折れ戸も桐材で、折れ戸は汚れ防止にウッドライフという白いワックスで仕上げています。
天然木の素朴な色合いが優しさを感じます。

クロスを張らない子供室

DSCF4104[1]
2階子供室の内装が出来ました。
床、壁、天井、クローゼット内も無垢材で、床は檜の縁甲板張り、その他は桐の集製材です。
素朴な天然素材が、住まわれる方の人柄がうかがえます。

自然素材の内装

DSCF4943[1]
キッチンの内装を自然素材で仕上げました。
床は杉のフローリング、壁は石灰のタナクリーム、天井も杉の無垢材です。
自然素材や塗装のしてない材料は、お子様の健康を考えての奥様の選択です。
 *町田市、相模原市、又は近隣でキッチンの改築をお考えの方は
     サトシ工務店にご相談下さい。

和室のリフォーム

DSCF2736[1]
昔ながらの一般的な床の間付きの和室です。
床柱は7寸の絞り丸太、落とし掛けは桐材です。
昨今、畳はリビングの一部に敷く程度で、なるべくリビングを広げたいとの思いから、和室が造られなくなりました。
和室の真壁は柱が見える工法で、柱は構造材と枠材が一体になった日本の優れた文化で技術ですが、時代と共に失われてしまいそうで非常に残念です。
 *町田市、相模原市、又は近隣でリフォームをお考えの方は
      サトシ工務店にご相談下さい。

子供室のリフォーム

子供室内装のリフォーム工事をしました。
押入れの内壁は桐の集成材です。合板材とは違います。
無垢材と同じように押入れ内の調湿効果が得られます。
桐はタンニンが含んでいて防虫効果も有ります。
奥行きが85cmもあるので、ハンガー用パイプを段違いに2本設けています。

居間の改装

居間の内装の改築工事です。
床にはガス温水式の床暖房を設置しました。
ガス会社より安く出来、使ってははとても快適との事です。
コーナー出窓には内窓サッシ、日差しがたくさん入るように、掃き出し窓は欄間までのペア硝子のサッシに取替え、断熱性能を上げました。
新築したかのようになり、満足されたようで、私たちも嬉しくなりました。

ページトップへ